持ち家だからこそできる家の改造でより便利にする

2階建ての新しい一戸建てを建てた時、屋根裏部屋を設けました。

2階建ては屋根の裏のスペースが何か有効活用できないかと考えたわけです。

すると、屋根裏部屋というものがあり、そこなら天井に穴を開けては補強すると部屋ができると知りました。

たった10万円でできるその屋根裏部屋は良いなと思い、その屋根裏部屋を作ることにしました。

2階の天井にその穴を開けては部屋を造る大工さんが来て、たった2日ほどでその屋根裏部屋を完成させてしまったのが驚きます。

こんなにも簡単にできるものなんだと思い、感動しました。

すぐにその屋根裏部屋に入ると、中は思った以上に広いのが驚きました。

きちんと証明も付いていますから、明るくなります。

その中で本なども読めることもあり、とっても楽しいなと感じました。

昔の借家ではできなかったことなので、持ち家は本当に良いなと思いました。

持ち家だからできることは、家を改造することです。

思ったより簡単に出来たことも有り、冬でも暖かな家にするのに、床も見直すことにしました。

冷たい空気は、意外と床からくることもあるのです。

どうしても1階の床下には空気を通しては通気性を高めているスペースがあるわけですが、それが冬場は床を冷たくしてしまう原因ともなります。

そこで、床をクッションフロアにするといいので変えてみました。

このクッションフロアは塩化ビニル樹脂という丈夫で、機密性と防水効果があり、冷たい空気もシャットダウンできる効果もあります。

素足で歩いても冷たさを感じず、暖房の熱を逃がさない効果もあります。

他には、タイルカーペットを敷くのも良い方法のようです。

カーペット機能があるので、暖房効果を高める効果もあります。

畳も断熱性が高く、床下からの冷たい外気が入りこまない効果が高いです。

湿気を吸い、快適に過ごせる床材です。又、人気なのが床暖房です。

床に暖房機能があり、床を暖かくすることができます。

これにより、床が暖かいからより暖房の効きも高め、断熱性も高めることができます。

ちょっとしたことで断熱性を高める家づくりができます。

それと、収納場所が少なかったのでそれを増やすためにどうしたら良いか考えました。そして、キッチンの床に収納スペースを設けました。

ケースに食品などを入れておけば、扉をどかせばすぐに取り出せるようになっています。

蔵のようにワインもよく冷えていて、とっても良いなと思った収納スペースです。

<特別サポート>
住宅リフォーム総合情報|アダルトアフィリエイト|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|FXシストレ|GetMoney|ダイエットジムフランチャイズ|お小遣いNET|内職 アルバイト|JALカード|超SEO対策|ページランク ランキング|マッサージのリアル口コミ.com|アフィリエイト相互リンク|内職|