床の間に昔の家の柱を使用しました

私が新築を購入する時、昔の住んでいた家のことについて、ひとつ残したいと思っていたものがあったので、それについて考えているところがありました。

その考えていることというのは、昔の家に使っていた柱のことです。
とても立派な柱であったので、そのまま捨ててしまうのはもったいないと思っていました。
またその柱を使うことによって、子供たちが小さい時に落書きをした後を残すことができると思ったのです。

そのため、新築を建てる時に、その柱について使ってもらうことにしたのです。
使って貰う場所は、床の間です。
床の間に使うことによって、懐かしい気分になることができます。
そしてその新築に、その柱を利用することになりました。

新築に古いかしらがあうのかなと心配していたところ、床の間なのでぴったりとマッチしています。
それを見て、昔と今の家の融合であると思って、とても良いと思うことができています。
懐かしい思い出として、その家に残せたことは、本当に良かったと思っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク