自分の力でステップアップして住み替える喜び

住宅の購入は、普通の人にとっては一生に一度の買い物と言われます。確かに自分の気に入った住宅を購入しようとすると、それなりの頭金を貯蓄し、年収もそこそこになるまでは中々購入できません。
しかし賃貸に住み、自分の資産とはならないものにお金を払い続ける事はやはり無駄だと言う気持ちもあります。そんな時には例えば小さな中古住宅を購入し、そのローンを完済できる貯蓄ができた時に、自分の満足できる新築住宅にステップアップして住み替えると言う方法もあります。
もちろん少し面倒ですが、最初に購入した中古住宅のローンが残っていても、つなぎ資金の融資を受けて完済して抵当権を抹消して売却する事も可能です。
最初に中古住宅に住み、1000万円程度を20年返済の住宅ローンを組んでも、月々の返済額は賃貸の家賃よりは低く抑える事が可能な場合が多く、賃貸との差額をせっせと貯蓄に回すのです。
こうして10年程度経過して、貯蓄もそこそこできた頃、タイミングを見計らって、終の棲家に住み替えると言うステップアップ方法も良い方法だと思います。
住宅の将来計画を考えておられる方は、こんな方法も考慮されると良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク